+
Print
Main page

市立劇場 (1986‒1987)

アールトは1968年にセイナヨキの市立劇場の設計をしました。設計は当時の最新の技術に見合うように調整されましたが、偉大なる建築家の死後、彼のオリジナルの設計を忠実に再現しています。エリッサ・アールトの指揮下、劇場は1987年に完成しました。建物の正面はアイボリーのセラミックの壁が使われています。中の床の表面は、スウェーデンのオーランドの石灰岩のタイルが使われており、床の表面に魚の骨や他の化石を見つけることができます。

広くて明るい色のラウンジにはアルテック社の製品の家具が使われています。また、アールトのユニークな6つの木を曲げたレリーフがロビーに飾られています。

劇場には4つの劇場があります。アルヴァ劇場(メイン劇場)は429席あり、エリッサ劇場(小劇場)は100-120席あり、ワークショップ劇場は60席、そして劇場のレストランは120席あります。

アルヴァ劇場の緞帳は「ダイダルス」とよばれており、ユハナ・ブロムステットのデザインです。2階のフォワイエの壁にかかっているラグは「イソヤコ」という作品で、テキスタイルデザイナーのイルマ・クッカスヤルヴィのデザインです。同じく2階のフォワイエには、市の助役だったラウハ・マイヤラ寄贈による、アルネ・オルッソンの作品の「海とエッレン・アラカントを称える」も展示されています。


アールトセンターの公式ガイド(日本語)をご要望の方はE-mailまたはお電話(いずれも英語)で予約を承っております。

Etelä-Pohjanmaan matkailu 
電話 +358 6 420 9090 または +358 6 420 9091
E-mail matkailuepmatkailu.fi